Organometallic Chemistry

有機金属化学 (Oragnometallic Chemistry)

 近年の有機合成では、有機金属反応剤や遷移金属錯体触媒を利用した反応は頻繁に利用されており、必要不可欠である。本講義では、有機金属化合物を反応剤として利用した有機合成反応や、遷移金属錯体を触媒とする有機合成反応について紹介する。講義の前半では、有機マグネシウム(Grignard 反応剤)などの有機金属反応剤の調製法とそれらを利用した有機合成反応について紹介する。遷移金属錯体を触媒とする有機合成反応については、基本となる遷移金属錯体と有機分子との反応について紹介した後、有機合成で比較的頻繁に利用されている反応や有機化学産業で利用されているものについて紹介する。

In modern organic synthesis, organometallic reagents and transition-metal catalyses are frequently used and indispensable for constructing complicated molecular structures. This lecture deals with the organic reactions using organometallic compounds and/or transition-metal catalysts. First, I will lecture the preparations of organolithium, organomagnesium, organocopper etc. as well as the reactions of these organometallic reagents with various electrophilic substrates. In the second part, I will teach the representative reactions between organic molecules and transition metal complexes. Base on the reactions, we will discussed about some transition-metal-catalyzed reactions, which is frequently used in organic synthesis,

授業資料 (handout)

Download(updated on 2020/04/06)

定期試験 過去問 (past examination questions)

2019年度 定期試験   問題 解答例 (2020年 2月 3日実施)
2018年度 定期試験   問題 解答例 (2019年 2月 4日実施)
2017年度 定期試験   問題 解答例 (2018年 2月13日実施)
2016年度 定期試験   問題 解答例 (2017年 2月13日実施)
2015年度 定期試験   問題 解答例 (2016年 2月 8日実施)
2014年度 定期試験   問題 解答例 (2015年 2月 2日実施)
2013年度 定期試験   問題 解答例 (2014年 2月 3日実施)
2012年度 定期試験   問題 解答例 (2013年 2月 4日実施)
2011年度 定期試験   問題 解答例 (2012年 2月13日実施)

Last updated on 2020/04/06